ウッドデッキを作ってみた。

undefined

 庭のウッドデッキが腐って抜けそうなので近くのホームセンターで見積もりをとると、なんと45万円。それは無理です。ウッドデッキっておっきいスノコみたいなもんだから、自分でできないだろうか。確か大工さんは半日ぐらいで作ってたと思うのですが。

 自信はないのですがお金がないのでやるしかありません。まずは板をひっぺがして、どんな構造になっているか調べます。3本の枕木?はコンクリートにビス留めされているのでこれはそのまま使うとしましょう。縦に角材の梁を13本、その上に板を貼っていけばいいだけです。構造が分かったので解体します。

 ところが、ネジが錆びついていてねじ山をなめてしまい回らなくなったり、途中で折れたりと半分ほどがきれいに外れません。ネジが抜けないところはノコギリで切ってバールでこじてどうにか解体しました。

undefined undefined 

 元のように梁を打ち付けます。ちょっと数を減らしてます。外側の枕木が腐っていたので同じような角材を沿わせて補強しています。

 undefined

 1800mmと2700mmの板をつぎ合わせます。継ぎ目が同じ梁に集中しないように交互に組み合わせます。色がバラバラですが、イタウバーフィエラという固い木で、防腐剤を塗らなくてもいいし、安いので助かりました。ただし、微妙に反ったり曲がったりしているのでできるだけ真っ直ぐなやつを選ぶと色がまばらに。でもいいんです。

 undefined

 さて最後の難関です。パーゴラの柱が3本乗ってるのですが、その真下に板を入れなければなりません。ジャッキがいるかなと思ったのですが、幸いパーゴラもヨレヨレだったのでちょっと斜め横に歪めておき、板を入れてネジ留めできました。パーゴラの柱の根本を長いビスで板を貫通させ枕木に留めて完成です。

 undefined undefined   

 と、まあ簡単そうに書いていますが、実際には防腐剤を塗って乾かす作業だけでも1日かかり、他にも板をトラックに積んで運んできたり、穴あけとねじ止めは500カ所もあり、また廃材の処理であったりと、予想よりはるかに骨の折れる仕事でした。土日だけしか作業できないので約2ヶ月かかりましたが、材料費とインパクトドライバー締めて7万円弱でできました。近くで見ると仕上がりは荒いし、耐久性も心配ですが自分で作ったものなので愛着が湧きます。ちょっと無理をしましたが「元気があればなんでもできる。」ということを子供らに教えることができてよかったと思っています。

投稿者: roundstone1966

高校の教員をしています。数学の授業の評判は今ひとつなのですが、学級通信だけは面白いと褒めてもらっています。大学受験に向かう生徒を励ます目的で書いたものが大半ですが、皆さんに読んでいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。