人生は紙飛行機(2016年学級通信)

 このところ毎朝耳にする歌詞を流用?させていただきました。思い通りにならないことも多いけれど、頑張りましょうという歌詞に共感を覚える人も多いのではないでしょうか。

 中には「先生はいいよなあ、好き勝手にできるから。」などと思っている人もいるでしょうが、我々の毎日も思い通りにならないことの連続です。あるクラスなどでは配布した宿題プリント1枚を集め切るのも至難の技です。しかし、思い通りにならないことに慣れっこの我々でも、生徒の希望を実現できなかった時ほど無力感を覚えることはありません。

 中でもNさんのことは特別でした。Nさんはバスケットボール部で活躍するとても活発な女子生徒でした。食物栄養学を学び、将来は食品開発の仕事に携わりたいという彼女の目標は大阪市立大学の生活科学部でした。

 サバサバした性格で健康そのものといったNさんでしたが、2年生のとき、突然内臓の病気にかかって長期入院し、バスケットボールを続けることができなくなりました。

 「残念ですが、高校生活は勉強に捧げます。兄弟が多いので私、絶対に国公立じゃないとダメなんです。」

 彼女は背が高かったので、ノートに置かれた痩せた腕はよりいっそう細く見えましたが、そこにはいつも力強く数式が書き込まれていました。

 3年になっても体力はなかなか回復しませんでしたが、模擬テストの成績は優秀で、予備校から京大クラスへの優待状が送られてくるほどでした。

 センター試験本番の得点もボーダーを軽く上回っていたので、前期の大阪市立大学は確実と思われました。ところがふたを開ければ前期はおろか、後期の徳島大学も不合格という、信じられない結果だったのです。

 私は浪人を勧めましたが、体のこともあり家族に説得されて彼女は同志社女子大学に入学を決めました。落ちたのは仕方ないけれど、家族に負担をかけることになって申し訳ないと言って目を腫らす彼女を見て、もっと何かできなかったのか、私は深く後悔し、末永く引きずっていました。

 しかし、そんなこととは関係なく、大学生になったNさんは授業料の元を取るために一生懸命勉強したそうです。

 卒業後は三重大学の大学院に進学して遺伝子学の修士となり、そこで書いた論文によって兵庫県の理化学研究所の研究員に採用されました。

 数年前に会ったときは、大阪大学の薬学部助教の名刺をくれました。よく学生に間違われるのでいつもたくさん持ち歩いているのだそうです。高校時代は本当に散々だったNさんですが、阪大で知り合った方と結婚し、今は東京で生活しているそうです。

 みなさんはこれから大学受験に臨み、風に翻弄される紙飛行機に自分を重ねるかもしれません。しかし、もし仮に力が出しきれなくても、未来が閉ざされるわけではありません。困難に挑戦することで自己を高め、価値ある存在に成長したことにかわりはありません。

 気になったので調べてみました。この歌は、「人生は紙飛行機のように風に流されてどこへいくのかわからないよ。」という意味ではなく、「紙飛行機は無理に力を入れたり、考えすぎるとうまく飛ばないけれど、風と友達になればどこまでも飛んでいくよ。」という意味が込められているそうです。

 というわけで、最後も得意の流用で締めくくりたいとと思います。

 飛んで行け 飛んでみよう

投稿者: roundstone1966

高校の教員をしています。数学の授業の評判は今ひとつなのですが、学級通信だけは面白いと褒めてもらっています。大学受験に向かう生徒を励ます目的で書いたものが大半ですが、皆さんに読んでいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。