夏が来れば思い出す

 その日、男子シングルスのインターハイ予選、準々決勝4試合が行われていました。

 しかし6番コートの試合だけは、妙な雰囲気です。

 選手はポイントを取っても喜ばず、大勢の応援がいるにもかかわらず、誰も拍手をしません。

 実はインターハイ常連校のチームメイトによる同士討ちだったのです。

 坊主頭の田中くんと、イケメンの松本くんはともに守備型のオールラウンドプレーヤーです。ぐいぐい攻めてくる相手が大好物ですが、同じスタイルの相手はやりにくい。

 子供の頃から県の大会で何度も戦ってきた相手なのでしょうが、今回は少し状況が異なります。

 松本くんが体育の授業で左腕を骨折してギプスをしています。得意の両手打ちバックハンドが使えません。

 当然田中くんはパッシングショットが打てない松本くんのバックハンド側にアプローチショットを送りネットに詰めてきます。

 しかし、松本くんもそれをさせないように配球し、できれば先にネットに付こうとします。

 松本くんのボレーは素晴らしいタッチで、ネットアプローチでは3分の2ぐらいのポイントが取れているように見えます。しかし、甘い球は滅多になく、そこに至るまでに長い長いラリーが続きます。

 真夏の死闘は1時間20分を経過して、お決まりのタイブレークに突入しました。

 山側サイドの一番後ろには幅1m程の日陰がありました。田中くんはそこに入ってタオルで汗を拭い、時間いっぱい休んでから、ゆっくりゆっくりベースラインに歩いていきます。

 松本くんはその様子には目もくれず、やけつく太陽の下でサービスポジションにつき、黄色いボールをひたすらついています。

 田中くんがラケットを構えました。彼のマッチポイントです。

「来い!」

 この場面でも松本くんはなんの力みもなくサーブを打ち、プレーが始まりました。

 全国レベルの選手が守りを固めている時、打ち急ぎは厳禁です。田中くんはこれでもかというぐらいたっぷりとラリーをしてから、突如として、空中でブレーキを掛けるかのような緩いスライスを打って、大波のようにネットに詰めていきました。

 さあ打ってこい。

 並の選手相手ならロブでいいのですが、松本くんは迷わずトントンとコート内に入り込んでバウンド直後をフラットに打ち抜いたのです。

 タイミングを外された田中くんは反応できず、お見事という表情で相手を見ました。しかしそのパッシングショットは僅かにネットに触れ、跳ね上がってサイドラインを割りました。そして沈黙の6番コートは初めて大きな拍手に包まれました。

 二人が監督のもとに、結果報告に来ました。監督はまず田中くんに一言かけて、コートを去らせました。その後、松本くんが試合を振り返ります。あの長い試合を後ろで見ていたかのように正確に再現します。涙がポロポロと流れ落ちます。

 流れを掴むチャンスが2回あったといいます。でも田中くんのメンタルが充実していて、崩せなかったと。

 最後に監督が言いました。

「それでいい。ナイスゲームだった。」

 彼は後ろに手を組み、足を広げて真っ直ぐに立つと、深々とお辞儀をしました。

 

 

投稿者: roundstone1966

高校の教員をしています。数学の授業の評判は今ひとつなのですが、学級通信だけは面白いと褒めてもらっています。大学受験に向かう生徒を励ます目的で書いたものが大半ですが、皆さんに読んでいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。